WORKS

サニーサイドアップ加藤局長も登壇!J1リーグ・ガンバ大阪が取り組むビジネスアカデミー 「スポーツ×メディア」をテーマに、情報発信の裏側を解説!

WRITTEN BY

石黒誠(パブリックリレーションズ事業本部 3局スポーツ)

こんにちは!パブリックリレーションズ事業本部3局スポーツ 石黒です。

今日は、サッカーJ1リーグ・ガンバ大阪が昨年から行う、社会人向けのビジネスセミナー『ガンバ大阪サッカービジネスアカデミー(以下、GBA)』について紹介します!そしてなんと、先月26日には、SUNNY DAYSの発行人も務める3局スポーツの加藤亮輔局長が講師として登壇!「スポーツ×メディア」をテーマに講義をした様子もあわせてレポートしていきます!

ガンバ大阪サッカービジネスアカデミー(GBA)特設サイトはこちら

ガンバ大阪サッカービジネスアカデミー(GBA)とは

はじめに、そもそもGBAとはどういったアカデミーなのか。講義のコンセプトや実施内容について簡単にご紹介します!

GBAは、ガンバ大阪が昨年クラブ創設30周年を迎えるにあたって新たに立ち上げたビジネスセミナーです。クラブがこれまでの歴史の中で培ってきた経営のノウハウを共有したり、受講生を巻き込んで実施企画を打ち出しながら、日本を代表するサッカー専用スタジアム「パナソニックスタジアム吹田(通称:パナスタ)」を有効活用するのが狙いとのこと。対象は、主にサッカー業界への転職を考える社会人やサッカービジネスで新たな価値を創りたいと考えているビジネスパーソンとなっており、昨年は36名、今年は24名の受講生が参加しています。

GBA第2期オンライン開講式の様子

GBAでは、年間のアウトラインを「導入期・インプット期」「企画期」「実施期」の3つに分け、オンライン座学やフィールドワークを通じて体系的に学べるスケジュールが組まれています。GBAの卒業生は、現在の所属先でスポーツビジネスに携わり、あるいはスポーツ業界への転身が期待されているなど、将来的にはGBAがプラットフォームとなって、受講生同士で新たなビジネスを共創する、なんてことも視野に入れているそうです。

講演内容の一部を紹介!

そして今回、講師の加藤局長による「スポーツ×メディア」をテーマに行われた講義では、メディアを効率よく活用し、“伝えたい情報”と“伝わる情報”を繋ぎ合わせながら話題作りを行う一連の流れをレクチャーしました。
▼社内マニュアルを公開!?サニーサイドアップの業務のほとんどを詰め込んだマニュアル本『サニーサイドアップの手とり足とりPR』発売です!

講義の中では、①新規性、②時事性、③希少性、④トレンド性、⑤タレント性、⑥季節性の「6つのPRファクト」をポイントに挙げながら、ある情報に対していかに付加価値を持たせることができるか、メディアに情報を発信してもらうための“攻めの広報”を行う仕組みについて、みっちりと説明しました。私も初心に帰りながら局長の講義を聴いていましたが、改めて1つのニュースを作り上げることの難しさや、メディアのニーズにあわせた情報提供の大切さを感じました。

講義資料より抜粋

また、SNSの台頭によって、消費者とメディアの関係値が大きく変化し、知る手段が多様化していることから、各ソーシャルメディアの特性をしっかりと理解し、ターゲットやコンテンツによって使い分けを行うことの重要性についても説明しました。

講義資料より抜粋

白熱のグループディスカッション!

講義の最後には、「ニュースは作ることができる!サッカーをテーマにニュースを作ろう!」と題し、局長の講義内容を踏まえたグループディスカッションが行われました。その中で、スマホアプリを使った集客イベントや、ファン・サポーター参加型で行うギネス記録への挑戦など、受講生同士の活発な議論が行われていました。

講義中の様子(GBA 2期生)

どれも非常に興味深い施策が盛りだくさんで、私も受講生のアイデアを聞きながら参考にしたい施策がいくつもありました!実際に参加した受講生からは、「ニュースにもロジックとクリエイティブが詰め込まれていることを再認識することができた!」「今までメディアやSNSを通じて何気なく自分が見ていた情報も、『誰に・何を・どうやって訴求するためなのか』といった考え方や戦略があることを知ることができた!」などポジティブな反応が多く見られ、受講生のみなさんは充実感に満ち溢れた様子でした!

 最後に

今期のGBAは、今年11月頃まで継続予定となっており、今後の講師陣には、元FIFAコンサルタントの杉原海太氏やトランスインサイト株式会社の代表取締役を務める鈴木友也氏などが予定されています。GBAを通じて実際に受講生が考えた企画がどのように実現されていくのか、私も非常に楽しみです!その他、ガンバ大阪では6月18日(土)明治安田生命J1リーグ第17節の横浜F・マリノス戦において、サッカーと音楽がコラボレーションした新たなイベント『GAMBA SONIC』を初開催します。

(C)GAMBAOSAKA

クラブ創立30周年を機に、新たなブランドコンセプトとして掲げている「日本を代表するスポーツエクスペリエンスブランド」を目指す一環で、サッカーだけに留まらない新たな体験を創出するイベントとして企画。当日は、選手入場曲を歌っているDef Techが来場し、Liveパフォーマンスを実施するほか、邦楽No.1 DJの「DJ和」さんも来場し、ガンバファンはもちろん、それ以外の方にも広く楽しめる企画として会場を盛り上げます。

(C)GAMBAOSAKA

さらに、8月14日(日)明治安田生命J1リーグ第25節の清水エスパルス戦においては、毎年恒例の『GAMBA EXPO 2022』が開催されます。2017年からスタートしたこの『GAMBA EXPO』は、毎年満員御礼のスタジアムでたくさんのファン・サポーターに支えられながら開催されており、今年は「新たなスタート」をテーマに、クラブ史上初となるアパレルブランドとのコラボレーションを実現。

(C)GAMBAOSAKA

現在、ビューティ&ユース ユナイテッドアローズとのコラボ記念シャツ付きチケットを販売中ですので、夏の思い出作りも兼ねて、ぜひパナスタへ行ってみてはいかがでしょうか?

ガンバ大阪サッカービジネスアカデミー公式サイトはこちら

 

WRITTEN BY

石黒誠(パブリックリレーションズ事業本部 3局スポーツ)

今年で新卒入社5年目を迎え、これまで担当してきた案件はスポーツに限らず、エンタメや音楽、グルメ、美容など多岐に渡る。ただし、私生活ではもっぱらサッカーやフットサルに漬け込む日々を送っている。週末はDAZNやWOWOW視聴が止まらない。

※所属は執筆時と異なる場合があります

  1. HOME
  2. WORKS
  3. サニーサイドアップ加藤局長も登壇!J1リーグ・ガンバ大阪が取り組むビジネスアカデミー 「スポーツ×メディア」をテーマに、情報発信の裏側を解説!