MEDIA

社内プロジェクト「SUNNY FARM」で本格的な農作業がスタート!初めての経験にメンバー大奮闘

こんにちは!サニーサイドアップの田中です。

メンバーによる社内プロジェクト「SUNNY FARM」は、12月に農園デビューをはたし、1月から本格始動しました!今回は、農作業超初心者のメンバーたちが、土づくりから種まきをぎこちな~くこなす模様をお届けします。

社内プロジェクト「SUNNY FARM」とは

社内の若手メンバーを中心に集まり、『育てるのは野菜ではなく、コミュニケーション』というコンセプトのもと部署やチームの垣根を超えレンタル農園で一から農作業をしています。自分達で育てた野菜を収穫し、収穫パーティーを社内で実現することが目標です。

前回「SUNNY FARM」をご紹介した記事はこちらからご覧ください。
サニーサイドアップのSDGs SUNNY FARM始動!

いよいよ農作業!その前に…

収穫までの日数を考えると、すぐにでも農作業をはじめなければ!という状況でありながら、まずはカタチから入りたいサニーファーマー。「畑に合う服といえばオーバーオールだよね!!」ということで、オリジナルのオーバーオールを制作しました。

初めて使う布スプレーに四苦八苦しながらも、業務の合間をぬって何とか完成。

胸にはもちろん、サニーサイドアップのシンボル、めだまやきが。制作チームは「めっちゃかわいいんじゃない!?」と自画自賛していました。これで準備は整った!!畑での活動に期待感が高まります。

農園 2日目(畝づくり/種まき)
SUNNY FARM」がお世話になっているのは、京王井の頭線「久我山駅」から徒歩6分の閑静な住宅地のなかにある「シェア畑 久我山駅前」さんです。

「シェア畑」さんでは、事前に予約をしておけばアドバイザーさんが作業のサポートをしてくださいます(もちろん、予約を取らず自由に畑を出入りしてもOK農業知識ゼロのサニーファーマーたちは、アドバイザーさんのレクチャーを受けながら、いよいよ作業スタートです!

STEP1:土づくり>>>
野菜づくりのスタートは、土づくりから。美味しい野菜を育てる、栄養満点のふかふかな土をつくりましょう!ということで、まずは野菜を育てる区画内にまんべんなく肥料を撒いていきます。

肥料を撒いたら、くわを使って30センチくらいの深さまで掘り起こし、土を反転させていきます。こうすることで、土に肥料と空気が取り込まれ、野菜が育ちやすくなります。

想像以上に深くまで土を掘り起こす必要があり、この作業が意外と重労働。テレワーク続きでガチガチに固まってしまったサニーファーマーの足腰が悲鳴をあげていました。それでも、ようやく農作業らしくなってきた活動にテンションは最高潮です!

STEP2:畝づくり>>>
ふかふかの土を仕上げたら、次は畝づくりです。掘り起こした土を15センチくらいに盛り上げ、木の板などを使って表面をならしていきます。周囲よりも畝を高くすることで、野菜の生育に必要なスペースが確保され、野菜の根が伸びやすくなったり、周囲よりも畝を高くすることで、通気性や排水性が良くなったりするのだとか。

さらに、この畝に黒いビニールシートをかぶせていきます。これには、土の温度を上昇させて野菜の生育を助ける効果があります。

STEP3:種まき>>>
今回は、サニーファーマー達で事前に投票を行い、大根、パクチー、さやいんげん、ほうれん草を植える予定だったのですが、「十分なスペースがあるのでもう1種類つくってみたら?」というアドバイザーさんの助言で、急遽水菜も追加することに!全部で5種類の野菜をつくることになりました。

穴あけ機を使い黒いビニールシートに穴をあけ、ひとつひとつ丁寧に種を蒔いていきます。それにしても、こんな小さな種から野菜ができるなんて、なんだか不思議な感覚でした…

STEP4:ビニールトンネルを張る>>>
種を蒔き終え、今日の作業は終わりかな、と思いきや、さらにもう一仕事ありました。まだ真冬ということで、黒のビニールシートに加えて防寒・防霜対策のためにビニールトンネルを張ります(たしかに畑でよく見るやつだ

この日の作業はここまで。いつ芽がでるのだろうかと、期待に胸を膨らませながら畑を後にしました。

農園 3日目(雑草抜きのはずが
種蒔きから約4週間後、雑草抜きをしに行かなければ!ということで、畑を見に行ってみることに。畝を保護している黒いビニールをめくってみますが…

!?

一切雑草はありませんでした(笑)考えてみれば真冬なので、雑草も育たないですね。あまりの間抜けさに一同大爆笑です。

しかし!!

雑草は生えていませんでしたが、しっかりと野菜の芽は出ていました!!

大興奮のサニーファーマーたちは、ただただ、かわいらしい小さな芽の写真を撮って畑をあとにしました。

この小さな芽がどんな風に育っていくのか、次回の報告もお楽しみに! 

サニーファーマーたちの活動の様子が見られる「SUNNY FARM公式note」はこちらから。
https://note.com/sunnyfarm


 

この記事を書いた人

パブリックリレーションズ事業本部 3局スポーツ
田中 美果子

新卒3年目。入社以来、大型のスポーツイベントからゲーム、地方自治体、ガジェットなど多岐にわたる分野のPRを担当。横浜 F・マリノスの大ファンで、入社をきっかけに東京・青梅市の実家を出て新横浜の隣駅で一人暮らしを始めました。マリノスの試合がある平日は仕事に集中できません。。。

POPULAR ARTICLES