MEDIA

【6月5日は世界環境デー】SSUオリジナルボトルを制作!オンラインマガジン「SDGs MAGAZINE」も創刊しました!

こんにちは!広報サニーちゃんです。

今日は「世界環境デー(World Environment Day)」!

1972年65日にスウェーデンのストックホルムで行われた、環境問題に関する世界で初めての大規模な政府間会合である「国連人間環境会議」の開催日にちなんで、日本とセネガルが「世界環境デー」の制定を国連に提案し、制定されました。

2020年のテーマは、「自然のための時間(Time for Nature)」。年々環境保護のための取り組みが世界中で広がっている中、まだまだできることがたくさんあるのも事実。

そんな中、サニーサイドアップグループでも貢献できることはないかと考え、オリジナルのマイボトルの制作が決定!使い捨てのペットボトル飲料を購入する代わりに、何度も使えるマイボトルに入れて持ち歩くことで、プラスチックごみを減らすことができます。

そもそも、なぜプラスチックゴミを減らすことが必要であるのか

現在、世界では年間約800万トンものプラスチックが、ごみとして海に流れ込んでいるとも推計されています。その流れ込んだ「海洋プラスチック」が、波や紫外線の影響で細かく砕け、マイクロプラスチックとなります。

このマイクロプラスチックが、海に住む生き物の体内から大量に見つかっているそうです。体の中に入り込んだことで、どのような影響があるかはまだ分かっていないそうですが、有害物質を吸着しやすい性質のため、有害であることが予想されています。

海に広がったマイクロプラスチックを後から回収することはほぼ不可能なため、今できる限りのプラスチックごみを減らすことが必要とされています。

参考:NHK就活応援ニュースゼミ 1からわかる!プラスチックごみ問題(1
https://www3.nhk.or.jp/news/special/news_seminar/jiji/jiji17/

そして、「SSUオリジナルボトル」が完成!

以上のプラスチックごみの問題に少しでも貢献するために、保温・保冷もできるステンレスボトル「Hydro Flask」にめだまやきのデザインを施した「SSUオリジナルボトル」を制作いたしました!

ボトルの色は、コーポレートカラーのイエローを中心に、ホワイト・グレー・ブラックを制作。メンバーやメンバーの家族を中心に配布いたしました。

出社しているメンバーで、ソーシャルディスタンスを意識しつつ記念写真!

今回、事前に社内で希望を募ったところ、想定していた本数以上の申し込みが!あっという間に全てのボトルの配布が終了。

たくさんのメンバーが環境問題を考えるきっかけになりますように!

オンラインマガジン「SDGs MAGAZINE」を創刊

そして本日、株式会社サニーサイドアップはオンラインマガジン「SDGs MAGAZINE」を創刊いたしました!

このマガジンのコンセプトは、“SDGsをもっとたのしく、分かりやすく

SDGsという⾔葉やカラフルなロゴマークは知っていても、何から取り組めばよいか分からない」「SDGs は国や企業だけが取り組んで、⾃分には関わりが少ない」という方々に対して、“分かりやすい”情報を届けることで、SDGs 達成に向けた⼀⼈ひとりの⾏動を喚起するようなプラットフォームを目指します。

詳しくはこちらから。

これからも、PRのチカラでより多くの人々に共感を与え、その人々の行動を喚起し、世の中を変えていくことで、環境問題に積極的に貢献していきたいと考えています。また、サニーサイドアップグループ一同、それぞれが環境問題を考えていけるように努めてまいります。

 

POPULAR ARTICLES