ロゴイメージPRネタからここだけのヒミツまで!

今年は”ひと味”違う!?「超選抜インターン」STEP2開催!~Young Eggs Competition~

こんにちは!人事部の菅原です。

サニーサイドアップ名物となりつつあるインターンプログラム。
今年はいつもとは一味違い、
1dayプログラム放課後インターン
3daysプログラム超選抜インターン
2つのプログラムをご用意しており、STEP2Young Eggs Competition】への
参加資格も変わりました。

今回は、3daysプログラム超選抜インターンに参加された方の中から
更に選抜された方をSTEP2Young Eggs Competition】へご招待しました。
その模様をレポートしてまいりたいと思います!
(※昨年の様子はこちら!【http://blog.ssu.co.jp/2017/03/28/8472/】)

画像①STEP2では、3daysプログラムでじっくり学んだことを活かして、
企画を考えていただく【ビジネスコンテスト形式】となっております!
参加者はAからFの6チームに分かれて、それぞれがPR会社となり、クライアントに企画書を提案するという設定です。

さて、今年の課題は??

【課題】
大学生の海外旅行者数を増やすための施策を考えてください。

【クライアント】(提案相手)
観光庁

参加者の皆さんには、事前に課題をお渡しし下調べをしてもらい、
事前にチームメンバーとも意見交換をしてきてもらいましたが、
改めて3days「超!ロジカルプランニング講座」の吉田教授より、今回の企画内容の説明をして頂きました。

事前の説明は実際のビジネスシーンでもすごく大事な作業です!
これを「オリエンテーション」というのですが、企画を考える前に共有しておくべき基本的な考え方や情報、依頼事項(課題)の意図、注意事項、予算、スケジュールなどなど、一番最初に説明をします。
ここをちゃんと把握していないと見当違いな企画を立ててしまうので、仕事をする上でもこの作業は大事にしています。

さあ、いよいよ各チームに分かれ、作業開始!!

3daysプログラム担当の教授たちが各グループに1人ずつアドバイザーとしてついてくれます。
教授たちも「勝ちに行くぞー!」と、気合十分!!

予めチーム内で連絡を取り合っていたため、早速本題へ。
顔を真っ赤にしながら熱い議論を交わすグループもありました。
(部屋が少し暑かったのかもしれません;)
議論が迷走することもありましたが、そこは教授陣がうまくサポートしながらなんとか企画をまとめていきます。

IMG_0831私はみんながディスカッションしている中、各グループの板書を見たり、話を聞いたりしていたのですが、
どのグループも講義で学んだことを活かしながら取り組んでくれていました!

いよいよ!プレゼンテーションへ

ついに!約6時間かけて作り上げたプランの、プレゼンテーションの時間です!
今年も、次原社長と役員2名、人事部長、そして教授6名が審査をします。

画像③プレゼン資料は毎年パワーポイントではなく、手書きの資料で発表して頂くのですが、
どこのチームもパワーポイントでは出せない、手書きの味を存分に生かしたプレゼン資料で、個性が出ていました。

画像④そして、全チームのプレゼンが終了した後は、選考のため小休憩!!
皆さん、6時間お疲れさまでした!!
チームのメンバー問わず各自一息つきます。

そして!!運命の結果発表!

グランプリは・・・

 

 

 

画像⑤文通というアナログ要素を上手く絡めた企画を提案し、
プレゼン準備も入念に行っていたDチームの皆さんです!!

Dチームのみなさんおめでとうございます^^

執行役員より、「表彰盾」とPRプランナーの山崎 祥之著の「人を振り向かせる“さわぎのおこしかた」を授与。
みなさんとっても嬉しそうな笑顔でした。

そしてそして…
今年は更にもう一組、評価得点でDチームには及ばなかったものの、非常にいい企画をプレゼンしてくれたチームがあったため、急遽「社長賞」を用意!
社長賞は、親頼のイニシエーションというキャッチなタイトルを付け、親の気持ちに寄り添った企画を考えてくれたAチームの皆さんです!

Aチームのみなさんおめでとうございます^^

画像⑥STEP13daysプログラムで学んだことをフル活用し、課題に取り組む今回の企画は、講師陣をはじめ主催者側も、参加して下さった皆さんにとっても、非常に実り多い機会となりました。

この経験を糧に、これからの就職活動も頑張っていただきたいと心から願っています!

画像⑦今回のSTEP2の終了をもちまして、当社インターンシップは全講座終了となります。
皆さんからは、
・メンターの方や審査員からのフィードバックを頂くことができて、
自分を見つめ直すきっかけになりました。
・枠に囚われた小さなスケールの話しばかりしていると気づけたことが一番の収穫です。
SSUオールスターに指導いただけて様々なことを学びました。
・今まで学んだことを全て生かせる企画だったので、
自分の力がついたのを感じることが出来ました。
・どの班もかなりハイレベルな提案で聞いていて学ぶことが多かった。
…という声もいただきました!

ご参加頂いた皆様、誠に有難うございました。
また皆さまにお会い出来ます事を心より楽しみにしております!!

イメージテキスト

オランダ発!中の人が針を書き換える不思議な時計

オランダ発!中の人が針を書き換える不思議な時計

オランダのアムステルダム・スキポール空港の時計の中に「人が入っている」との情報が!どういうことでしょうか、、!?実はこの時計、オランダの芸術家マールテン・バース(Maarten Baas)さんのアート作品。手書きで時計の […]

たのしいニュース一覧

人気記事ランキングMonthly

カテゴリー

年別

ページの先頭へ戻る