MEDIA

【韓国】歩きスマホには危険がいっぱい!デザイナーが考案した事故を防ぐ「第三の目」

この投稿をInstagramで見る

Minwook Paeng(@minwookpaeng)がシェアした投稿

画像出典:Instagram / @minwookpaeng

私たちが生活するうえで欠かせない存在となった「スマートフォン」。SNSを見たり、わからないことを調べたりと、日々に彩りを与えてくれる相棒のような存在です。忙しい私たちの日常生活では、そんな便利なスマホを歩きながら使用することもしばしば…。「ながらスマホ」によっておきた事故は年々増加し、日本だけでなく世界各国で深刻化している大きな問題です。その解決策を打ち出すべく、韓国デザイナーのペン・ミンウク氏が開発したのが「第三の目」というウェアラブルデバイス。こちらを装着することによって、スマホを見て下を向いていても第三の目が前方の障害物や人に反応してビープ音で警告してくれるというものです。実はこちらの機器は、便利グッズとして開発されたのではなく、人々に「こうならないように普段のふるまいを見直そう」というメッセージが込められています。

元記事

あなたも「スマートフォンゾンビ」になっていませんか?

関連記事