BLOG

【SDGs週間の取り組み】女性が手掛けるSDGsを発信する「WDGs ~Women Development Goals~」や、オリジナルボトルプロジェクトをご紹介!

こんにちは!

一気に秋らしい気候になり、過ごしやすい季節がやってきましたね。食欲の秋も、読書の秋も楽しみたい広報サニーちゃんです!(食欲の秋メインで…)

サニーサイドアップグループでは、先週から始まった国連が定めるSDGs週間に合わせ、二つのプロジェクトに取り組みました。

企業・団体の枠を超えて“女性が手掛けるSDGs”を発信するプロジェクト
「WDGs ~Women Development Goals~」

SDGsの17の目標の1つである「5.ジェンダー平等を実現しよう」。この目標は、世界の国に比べて日本はまだまだ努力が必要であるということをご存知でしょうか?

世界各国がジェンダー・ギャップを埋めるためにさまざまな活動に取り組んでいる中、日本では大きな状況の変化が見られずにいるのが現状です。

世界経済フォーラムによる2019年の「ジェンダー・ギャップ指数」では、日本はなんと153カ国中121位(※)と過去最低の結果に。
※出典元:世界経済フォーラム「ジェンダー・ギャップ指数」https://www.joicfp.or.jp/jpn/2019/12/19/44893/

そんな状況を少しでも改善すべく、“女性のエンパワーメント推進及び社会活性化”に関わる活動を推進する一般社団法人ウーマンイノベーションとサニーサイドアップグループでは、国連の制定するSDGs週間にあわせて、”女性が手掛けるSDGs”に関わる活動情報やメッセージを発信するプロジェクト「WDGs ~Women Development Goals~」を共同企画しました。

詳しくはこちらから。

同プロジェクトは、SDGsが掲げる17の課題解決の“横ぐし”ともいえる目標「5.ジェンダー平等を実現しよう」を軸に、所属団体/企業や業種の枠組みを超えて“女性”という視点からSDGsを読み解くというもの。貧困、教育、福祉、エネルギー…それぞれの課題に対して、現代を生きる女性がどう向き合い取り組んでいるのか。“女性が手掛けるSDGsの現在地”を発信し、SDGsの目標達成に向けた社会機運の醸成を図っています。

アーティストのスプツニ子!さん、島田由香さん (ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長)、島本久美子さん (ゲッティイメージズ ジャパン株式会社 代表取締役)、西川朋子さん(文部科学省「トビタテ!留学JAPAN」広報・マーケティングチームリーダー)など、様々な業界の女性たちが同プロジェクトにご賛同いただきました。

賛同者のコメント一覧はこちらをご覧ください。(順次更新中です!)

「5.ジェンダー平等を実現しよう」という目標は、決して女性だけで達成できるものではありません。性別の枠を越えて、一人ひとりが「何かを知ろうとすること、行動をおこしてみること」からSDGsの目標達成に近づくのかもしれません。

このプロジェクトをきっかけに、少しでも日本におけるジェンダー・ギャップへの関心が高まり、全ての人々が輝くことのできる社会の実現に近づいていけることを願っています!

サニーちゃんも、ご賛同いただいた女性たちのコメントを拝見し、ただ何となく過ぎていきがちな毎日の中でも、少しでも目標達成に貢献できるように一人ひとりが考えていくことが大切だと深く感じました。

プラスチックごみの削減を目標に「SSUオリジナルボトル」第二弾を制作!

そして二つ目は、今年の6月5日の「世界環境デー」に合わせて制作した「SSUオリジナルボトル」に続き、第二弾を制作!(第一弾制作時のブログはこちらから)

前回、メンバーやメンバーの家族に配布したところ、あっという間に在庫切れとなったこちらのボトル。さらなるプラスチックごみの削減を目指し、社内で出た意見を反映して制作されたのが第二弾のボトルです。

今回は、ハンドバッグにも入りやすい小さめのサイズに。毎日の生活で気軽に持ち歩けるように制作いたしました!

そして、メンバーの個性に合った色を選べるように5色展開に!コーポレートカラーのイエローはもちろん、ホワイト・ネイビー・ライトブルー・ハイビスカスと、さまざまな色を用意しました。

中でも、ライトブルーとハイビスカスは一瞬でなくなるほどの大人気。ちなみに社長の次原は、持っているだけで気分が明るくなりそうなハイビスカスを愛用中。

ボトルを使い始めたことをきっかけに、家から飲み物を入れて持ってくるように心がけ始めた人や、コンビニでペットボトルを毎日買う習慣をやめた人など、少しずつですが変化がみられています。

また、プラスチックごみの削減のみならず、メンバーそれぞれがSDGsへの貢献について考える良い機会となりました。

今後もサニーサイドアップグループでは、PRやコミュニケーションのノウハウを生かして、2030年までの目標達成に少しでも貢献できるよう、活動を進めていきます。

それでは、次回のブログでお会いしましょう!

少しずつ涼しくなってきたので、体調を崩されないようにお過ごしください^^

POPULAR ARTICLES