ロゴイメージPRネタからここだけのヒミツまで!

サイド教授のPR講座(PRと広告)

サイド教授を中心に、様々な人がPRについて語るこちらのコーナー。
今回は、サイド教授が「PRと広告の違い」を入門編として、分かりやすく説明します。

 

こんにちは。サイド教授です。

「PR」と「広告」がごっちゃになっている人は、多いのではないでしょうか。「PR」は、Public Relationsの略、日本語では広報です。「広告」は、Advertising、業界では、ADとか言います。

この2つが混同される要因の1つに、「自己PR」という言葉があります。これは完全な和製英語で、本来の「PR」の意味ではありません。加えて「宣伝」という言葉も、「PR」と「広告」の双方の意味を持っているために分かりづらいですね。
専門家を目指す方々は、「PRと広告の違い」を明確にする必要があります。
(PR会社に就職希望の学生の方、面接で聞かれることもありますよ!)

従来、「PR」は、新聞や雑誌の記事、テレビのニュースや番組内で取り上げられることや、そのための活動のことと言われていました。最近では、「PR」に関しさまざまな定義が出てきています。少し前に「戦略PR」という言葉が流行したように、「PR」はコミュニケーションの上位概念であり、「広告」は「PR」の手法の1つである、などとも言われています。

「広告」は、新聞や雑誌の広告スペースやテレビのCMの枠などに行う「広告」のことです。スペースやCM枠の他、交通機関での広告やイベントへの協賛も含まれます。ともに商品やサービス、企業のことを認知してもらう活動という点では共通していますが、手法や考え方など大きな違いもあります。

また、近年、SNS環境の発展により、このような単純な分け方では活動できない領域も増えています。

広報より

PRと広告の違いに関しては、その違いをはっきり定義することはナンセンスだ、と言われる方もいますし、色々な定義がありますが、PRや広告関連の本も出版されていますし、PR会社、広告代理店のHPを見ると色々な情報がアップされていて、勉強になるかと思います。
私はサニーサイドアップの面接で「PR会社って何するか分かってる?」と聞かれました。
色々な会社の事例を見てみると分かりやすいと思います。
弊社の事例はこちら!

イメージテキスト

SFの世界が現実に!どの国にも支配されない人工島が2022年に完成予定

SFの世界が現実に!どの国にも支配されない人工島が2022年に完成予定

地球温暖化が深刻になっている現代。1年間の真夏日の日数も、対策を取らなければ100年後には倍になるという統計も(!)。その影響で沈んでしまう島々の住民を受け入れるために進められている巨大プロジェクト 「Floating […]

たのしいニュース一覧

人気記事ランキングMonthly

カテゴリー

年別

ページの先頭へ戻る