BLOG

中田英寿×J-WAVEがおくるエンターテインメントレストラン「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」の潜入レポートをお届けします!

みなさまいかがお過ごしでしょうか。広報サニーちゃんです!

今日は、本日2020年7月14日(火)のオープンに先駆けて行われた、エンターテインメントレストラン「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」のプレス内覧会の様子をお届けいたします!
※当レストランは、株式会社J-WAVEが主催し、株式会社サニーサイドアップが共催として参画しています。

このレストランは、JR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」の駅前特設会場にて開催される「Takanawa Gateway Fest」内にオープン。

広い会場内にはさまざまなブースが

47 都道府県全てを巡り、⽇本酒をはじめとした⽇本の⽂化を知り尽くし、世界に向けてその魅⼒を発信し続けている、元サッカー⽇本代表の中⽥英寿がディレクターに就任いたしました。

それではここから、会場内に集まっている日本の魅力が詰まったさまざまなジャンルのコンテンツを、一つずつご紹介します!

全国の銘酒159蔵が集結!

過去4回にわたって開催された、中⽥主宰の世界最⼤級の“SAKE”イベント「CRAFT SAKE WEEK」とコラボレーションし、会場内で⽇本全国の選りすぐりの⽇本酒がテーマに沿って愉しめます。

開催期間中、週替わりで毎週約20蔵の酒蔵が入れ替わり、それぞれがおすすめする銘柄が出品されます。

この日提供されていたのは、1週目(7月14日~19日)の「東京/東北」がテーマの日本酒、19銘柄。

その中から、利き酒師の方に東京と東北のお酒1本ずつをおすすめいただきましたのでご紹介します。

写真左:屋守(豊島屋酒造) 写真右:新政(新政酒造)

まずは、東京の東村山にある酒蔵、豊島屋酒造の「屋守(おくのかみ)」。

「香りよく優しい味わい」をコンセプトに作られた、林檎のような甘い風味が特徴のお酒です。サニーちゃんのような日本酒初心者にもピッタリだと、おすすめいただきました!

一口飲んでみると、そのフルーティーさにびっくり。口の中いっぱいに林檎の香りが広がります。スッキリな喉越しの、とても飲みやすい一品でした。

そして、東北の秋田県にある新政酒造の「新政(あらまさ)」。

一口飲んで感じられるその甘さと華やかさは、日本酒とは思えないほどの味。普段日本酒を飲まない人にこそ飲んでほしい一品だと、会場にいた日本酒に詳しいメンバーが教えてくれました。

誕生130周年を迎えた「ヱビスビール」のプレミアムカウンターも登場

会場内の一角に設置されているのは、「ヱビスビール」のプレミアムカウンター「YEBISU PREMIUM COUNTER」!

壁には、ヱビスビールを楽しむために特別に作られた専用のグラスがずらりと並べられています。

提供されているビールは常時3種類。内1種類は週替わりでお楽しみいただけます。

数百個に一個、特別なデザインのグラスに入って提供される「ラッキーヱビス」

あなたもぜひ、様々な「金のコク。」を楽しんでみてください。

予約困難な国内の人気レストラン16店舗のスペシャルメニューを提供

また、会場内では予約困難な⽇本の最⾼峰のレストランが監修した、ここでしか⾷べることができないスペシャルメニューが提供されています。

人気シェフ監修のもとに作られた日本酒に合わせたメニューが、週替わりで参加するとのことで、食べてみたいメニューに合わせて足を運ぶのもよさそうですね。

ここで、試食会で提供されたメニューの中から、サニーちゃんおすすめの2品をご紹介!

一品目は、西麻布のフランス料理店「レフェルヴェソンス」から、「ホワイトレバーと半熟卵のタルティン」。

サクサクのバゲットの上には、ふわふわのホワイトレバーとサワークリーム、そして一口食べると半熟卵の黄身がとろっと溢れます。

レフェルヴェソンスの「ホワイトレバーと半熟卵のタルティン」

豊かに香るホワイトレバーの香りは、お酒にぴったり。仕事中だということを忘れ(かけ)、飲む手がついつい進んでしまいました。

そして二品目は、学芸大学の日本料理店「件(くだん)」の、「件名物 おでん7種盛り合わせ」。

食べる前から感じられる、おだしの香りは格別!「おだしで酒を飲む」という同店のコンセプト通り、ぜひ日本酒と一緒に食べたいメニュー。

件(くだん)の「件名物 おでん7種盛り合わせ」

上にトッピングされているとろろ昆布が程よいアクセントに。7種のおでんそれぞれに、しっかりとだしがしみていて、すべてのおでんを一品一品堪能することができました。

日本の魅力をぎゅっと集めた「NIHONMONO TOKYO」や、
J-WAVEによるエンターテインメントも楽しめます

会場には、中⽥が全国を巡る旅の中で出会った⼯芸品など、⽇本の魅⼒を集めたショップ「NIHONMONO TOKYO」も開設されています。

またレストランでは、平⽇の12:30からYEBISU BEER BEGINNINGS ~FROM TAKANAWA GATEWAY~の生放送を実施。J-WAVE NIHONMONO LOUNGEに参加するレストランのシェフや⽇本酒の蔵元、ミュージシャン、クリエイターなど東京の次世代を担う⼈々をゲストに招き、公開⽣放送でお届けしています。

新型コロナウイルス感染予防対策も実施

会場では、来場者とスタッフの健康と安全に配慮し、徹底した対策を実施。

入ってすぐにある「CRAFT SAKE TOWER」の側には、酒蔵が作った「日本酒 アルコール消毒液」が設置されています。

実際に手を消毒してみると、使用されている日本酒によって香りが異なることが分かります。中には、日本酒そのものの香りがする消毒液もあり、その違いに驚きました。

選りすぐりの⽇本酒と厳選された料理のペアリング、⼯芸品、そしてエンターテインメントなど各ジャンルに精通した⽇本の魅⼒が詰まったコンテンツが楽しめるこのレストラン。

あなたもぜひ、「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」で、日本の魅力を存分に愉しんでみてください!

事前予約制となっておりますので、ご来場前のご予約をお願いいたします。

ご予約や詳しい情報はこちらから。

POPULAR ARTICLES