BLOG

#stayhome の今だからこそ!家でも“bills”をたのしもう!bills広報がつくる『スクランブルエッグ』と『リコッタパンケーキ』レシピを紹介!

こんにちは!
今日は広報サニーちゃんに代わりまして、「bills」の広報担当からお届けいたします。

サニーサイドアップが運営する、オーストラリア・シドニー発のオールデイダイニング「bills」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、国内全8店舗とハワイ1店舗を臨時休業とさせていただいております。

※臨時休業期間
 国内店舗:2020年4月6日(月)~5月6日(水)
 ハワイ店舗:2020年3月29日(日)~4月30日(木)

そんな中、みなさんにお家でbillsの味を楽しんでいただけるよう、私がいつも作っている「スクランブルエッグ」と「リコッタパンケーキ」のレシピをご紹介いたします!

レストランでのレシピは非公開ですが、レストランター、ビル・グレンジャーのレシピ本に実は載っているんですよ。

お料理のレパートリーが尽きてきた方、Netflixも一通り観終わった方、フードデリバリーサービスに頼りきりの方、一緒につくってみませんか?

素材の味を生かしたシンプルさが人気の「スクランブルエッグ&トースト」に挑戦!

材料はこれだけ!

レストランでは、“フリーレンジエッグ”という放し飼いにされた鶏の卵を使っています。

ケージに入れず、鶏たちが自由に歩き回れる環境で飼育することでストレスも少なく健康的に育つため、動物を大切にするアニマルウェルフェアの観点からも、オーストラリアではとても広く支持されているんですよ。

つくり方はこちら!

✓ふわふわなbillsのスクランブルエッグ、その秘密は生クリーム!クリーミーでまろやかなコクを加えてくれます。

30秒はぜったいに触らずに我慢!

“スクランブル”エッグですが、かき混ぜないのが一番大切なポイント!

火が通ってきたら、ヘラを使ってやさしく折りたたむように、形づくります。

実は1993年に、ビルがシドニー1号店をオープンした時、一人できりもりしていたお店があまりに忙しすぎて、スクランブルエッグをかき混ぜる暇もなかったことから、このふわふわのスクランブルエッグが生まれたのです。

程よく火が通ったら、完成!サワードウトーストを添えて盛り付けます。

billsのメニューに、サイドのトッピングができるのはご存知でしたか?

今回は私のお気に入りの3種類、「ローストトマト」「ガーリックマッシュルーム」「アボカド」をサイドに添えてみました!

世界中で愛され続ける『リコッタパンケーキフレッシュバナナ、ハニーコームバター』

材料はこちら!リコッタチーズを買い足せば、実はお家にある食材でもつくれます。

材料をそれぞれボウルに分けます。

✓しっかり泡立てたメレンゲがポイント!

ふわふわのメレンゲとフレッシュなリコッタチーズの食感を失わないよう、やさしく丁寧に混ぜ合わせましょう。

リコッタチーズを使ったパンケーキは、1993年のオープン時にビル・グレンジャーが考案し、25年以上経った今でも世界中のbillsで親しまれています。

✓バターの塗りすぎに注意!

多すぎるバターは焦げの原因になるので、ほんの少しの量を、フライパンに薄く広げるのがポイントです。

両面がこんがり色づき、程よく火が通ったら完成。

ハニーコームバターも実はお家でつくれるんです!

✓このハニーコームバターは、ビルが考案してからシドニー中のレストランで取り入れられるようになったという逸話もあるんですよ。

カットしたバナナを添えて、粉糖をまぶしたら完成!メープルシロップをかけてお召し上がりください。

つくってみたら、@billsjapanでシェアしてください♪

いかがでしたでしょうか?

お家でつくっていただいた際は、是非 @billsjapanのタグをつけて、インスタグラムで投稿してください!

bills japan公式インスタグラムで紹介させていただきます!
https://www.instagram.com/billsjapan

不安な日々が続きますが、みなさんが少しでもお家でお楽しみいただけますように。またレストランでお会いできますのを楽しみにしております!

POPULAR ARTICLES