BLOG

早起きは三文のトク!? メンバーが気になるトレンドを共有する朝会”ポーチドエッグ”を開催!

どうもこんにちは、冬の寒さに耐えきれるか今から心配なPR2局の牧野です。

桃栗三年柿八年と言いますが、4年目の今もPRについて学ぶことだらけで、荒波にもまれながら毎日を奔走しております。

そんな中先日、4年目にして初のポーチドエッグに参加してきたのでその内容をレポートさせていただきます。

そもそも“ポーチドエッグ”とはなんぞやの方もいると思いますので簡単に紹介を!

ポーチドエッグは部署も、年齢も違う有志メンバーが集まり、各自が持ち寄った最近の気になるニュースやトレンドをみんなでシェアするとてもカジュアルな会です。

しかもこの会、朝の9時から朝食を食べながらやるスタイルなので、とにかく気持ちがいいんです!
それで今回のポーチドエッグの内容を一部紹介しちゃいます!

イギリスの大学に設置された「短編小説の自販機」が素敵


https://irorio.jp/sousuke/20191015/548012/
画像出典:「IRORIO」より

短編小説の自動販売機がイギリスのリンカーン大学で設置され、注目されています。その時の気分に合わせてジャンルや長さを選ぶと、データベースからランダムに選ばれた短編小説がレシートにプリントされて出てくるそうです。ちなみに年内には学生や一般の人が自分の作品を同自動販売機に提出することが可能になるんだとか!普段は読まない本も読んでみようかなという人にもピッタリ。日本にも上陸してほしいですね。

自宅テレビから相乗り自動車を配車で高齢者のハードルも下がる!?


https://r.nikkei.com/article/DGXMZO52399430Q9A121C1X12000?s=5

東急とJR東日本などが12月から伊豆や熱海で始める次世代交通サービス「MaaS(マース)」の実証実験で、自宅のテレビから相乗り自動車を配車できるサービスなどを新たに始めるとのこと。

観光客だけでなく、地域住民の足としてもサービスを活用してもらう狙いでテレビから配車できるようにしたんですって。

20年度以降の実用化を目指すとのことで、これが運用されたら、スマートフォンを持っていない高齢者でも相乗り自動車の配車ハードルが下がりますよね。

グーグルレンズが地味にすごい!


https://ushigyu.net/2019/11/11/google-lens/
画像出典:「ushigyu.net」より

Googleレンズとは、カメラや写真を使って目の前にあるものを検索したり、作業を効率化したり、周囲のものについて調べたりすることができてしまうアプリなんです。

これ、何がすごいかって、今まで目で見てそれを調べたくてもうまく言葉で検索できなかったものが、このアプリを使うことで分かるようになるんです。いやぁ、本当に便利な時代になりましたね。

例えばTVドラマを見ていて、出演者の服が可愛すぎて同じのがほしい!と思った時に、このアプリで撮影すれば、それが何のブランドのどの服か教えてくれるので、同じのを手に入れることができちゃうんです。すごくないですか!

「朝日新聞×左ききのエレン」のメディアを横断した広告企画がとにかくすごい


https://kai-you.net/article/68600
画像出典:「KAI-YOU.net」より

「新聞広告の日」である1020日に朝日新聞が、人気Web漫画『左ききのエレン』とコラボレーションし、「新聞広告の日プロジェクト 朝日新聞社×左ききのエレン Powered by JINS」(以下、朝日新聞社×左ききのエレンPJT)を始動させたという内容のものなんですが、設計が複雑なので少し説明すると…。

「朝日新聞社×左ききのエレンPJT」では、まず1019日に、『左ききのエレン』が連載されているコンテンツ配信サイト「cakes」にて、広告主によるオリエンテーションの様子が漫画で公開されました。“新聞広告の日”となる翌1020日には、オリエンテーションを受けた広告会社2社の企画案、および企画会議の様子を全国版朝刊内の見開き2ページすべてを使って描かれたんです。

また、2社による企画案は、特設Webページ(https://www.asahi.com/ads/hidari-kikino-eren/)、および Twitter上でも同日公開。読者が各企画案のTwitter投稿をリツイートすることで投票ができる仕組みで、1028日(月)まで誰でも投稿できました。(私も投票しました!)

読者による投票期間を経て、投票数の多かった企画案を11月中下旬に広告として全国版朝刊の新聞広告の1ページ全体を使い実際に掲載するというものです。

cakes」から始まり、朝日新聞を核にTwitterへ繋がるという統合的なプロモーションに感動しました。なんですかこのギミック!もともと「左ききのエレン」ファンなのでよりのめり込んでしまったのですが、それにしてもすごいですよね。こんな企画を考えられる人間になりたい…。

最後は熱がこもって少し長くなってしまいましたが、今回のポーチドエッグもユニークな施策から、知らなかった情報まで、すごく勉強になりました!

また次回のレポをお楽しみに!

POPULAR ARTICLES