ロゴイメージPRネタからここだけのヒミツまで!

社内最大イベント「2019年SSUグループ新年会」開催!僕らは“たのしいさわぎ”を起こせるのか?

こんにちは!新入社員メンバーのKです。

早いもので、4月に入社し、先輩の背中をがむしゃらに追いかけてきて、もう1年が経とうとしています。

ようやく仕事にも慣れ始め、最近では、先輩から任せていただく業務も多く、大きくなってきました。そんな私たちの成長を試されるかのように入社以来最もビックなプロジェクトを任されました・・・

それは・・・「サニーサイドアップグループ新年会」!!

サニーのグループ会社のメンバーが一堂に会す、社内最大のイベントです!年間行事の中で1番楽しみにしているというもいるほど。毎年恒例のこの新年会は、その期に入社した新入社員メンバーが幹事を務めることになっています。昨年は内定者としてお手伝いをするだけでしたが、今年は私たち2018年新卒が幹事です、、!

こんな一大イベントを任せて頂ける少しのワクワクと、「去年の先輩方を越えなくては!?」という大きなプレッシャーかけながら、新年会へのカウントダウンがはじまりました!

まずはじめに手をつけたのは、会場選び!今年の会場は、南国酒家さんに決定!そして、新年会当日の企画内容もから考えます!日ごろの業務で培ったわずかな企画力を頼りに、何をしたら盛り上がってくれるのか、どんな企画が楽しんでもらえるか悩みに悩み抜きました。(楽しんでもらうことに妥協しない姿勢はSSUDNAなのかも・・・?)今回のテーマは、部署の結束力を強くしようということで、縦割りチーム対抗のゲームを企画しました!(果たして、この企画でいいのか・・・本番までソワソワ・・・)

そしてあっという間に、この日がやってきました。

会場が中華料理屋さんということにちなんで、幹事の僕たちはチャイナ風コスチュームでドレスアップ!(変化球より直球の方が良い時もあります)原宿の一等地に突如として現れた、ひと際違和感を放つパンダ集団(完全に浮いている)。「なんだコイツら・・・」という周りからの冷たい視線は、日々様々な方にアプローチする中で鍛えられた鋼の心には効きません。

司会は、チャイナドレスとキョンシーに扮したS君とNさん。新入社員の中でも異彩を放つ凸凹コンビです。

そんな司会の言葉で会はスタート、次原社長の「乾杯!」の掛け声を皮切りに、会場のボルテージはだんだんと高まっていきました。

今回企画した人気番組をパロディーにしたクイズは、チームを応援する声(ほんの少しの野次)が飛び交うほど、大盛り上がり!!!皆さんが楽しんでいる姿をみて「楽しんでもらえるかな?」という不安は一気に吹っ飛びました!

予想以上の盛り上がりや、予定にはない、『じゃんけん大会』が急遽開催されたりと、一時は、スケジュールが大幅に押していましたが、日々のPRイベントや記者発表会等で培った調整力で何とか時間通りに終わらせることが出来ました。


準備段階から上手くいかないことや当日もハプニングが起きるなど、大変なことの方が多かったのですが、その分の達成感はひとしお。同期の絆も深まり、週1回の新年会MTGも、もうないのかと思うと寂しさすら感じるほどです。

終わってみると、反省点もたくさんありますが、例年にも増して個性の強そうなメンバーがそろった来年の新卒メンバーにバトンを託したいと思います。(準備の段階から積極的に動く姿を見て頼もしく思いました。期待しています!)

至らない点も多くあったと思いますが、先輩方が本気で盛り上げてくださり、楽しんでくださったおかげで、企画することの楽しさを味わうことが出来ました!今回強く感じたのは、たのしいさわぎをおこしたい人達は、たのしいことが大好きということです。(あんなにじゃんけんで盛り上がる大人達を私は見たことがありません!)そんなたのしい先輩方の背中を追いかけながら、仕事でも仕事以外でもたのしいさわぎをおこしていきたいです。

あとがき

新年会終わりに先輩方がご馳走してくださったたこ焼き。少し時間のたったたこ焼きのほのかなぬくもりが、疲れきった私達の心の中にじんわりと広がっていきました。「たこ焼きってこんなに美味しかったっけ、、」このたこ焼きの味を私たちは一生忘れることはないでしょう。。

 

イメージテキスト

靴底だけに見える!?履き心地と安全性を追求し開発された靴がユニーク

靴底だけに見える!?履き心地と安全性を追求し開発された靴がユニーク

現在、クラウドファンディングサイトで急速に支援を集め注目されているのは「リンク(Link)」という靴。その人気の秘密は、変わった見た目だけでなく、ビーチサンダルと靴のいいところをそれぞれ取り入れた、優れた機能性。ビーチサ […]

たのしいニュース一覧

人気記事ランキングMonthly

カテゴリー

年別

ページの先頭へ戻る