ロゴイメージPRネタからここだけのヒミツまで!

次は何が流行る?メンバーが見つけた気になるトレンドをお届けする「ポーチドエッグ」!

初めまして!人事部のムラカミと申します。
普段は管理本部の人事部で採用業務に携わっています。

今回、初めて“ポーチドエッグ”に参加しましたが、参加者で持ち寄ったネタは、どれもこれも面白いものばかり!とても刺激になりました。
それでは、その中からいくつかをご紹介いたします!

①パンブームを牽引!最新のコッペパン事情
http://morioka-coppe.com/
FireShot Capture 50 - コッペパン専門店 (食)盛岡製パン I 行徳駅1丁目のコッペパン専門店「(食)盛岡製パン」 - http___morioka-coppe.com_
※盛岡製パンHPより

今年はパンブームが続いているようです。中でも、今回注目したのは「コッペパン」。
小学生の時に給食で食べた方が多いのではないでしょうか。
「(食)盛岡製パン 狛江店のコッペパン」は、お子様ランチの定番具材をはさんだり、
岩手県特産のスーパーフルーツ「さるなし」や糖度15度以上の甘みをもつ
「南部一郎かぼちゃ」を使用したサンドなど、全25種類を展開しているとのこと!

懐かしさもあり、しかし進化し続けているコッペパンの可能性の広さに、今後も注目です!

②札幌で流行中!お酒の後に「シメパフェ」
http://sapporo-parfait.com/
2017y10m10d_114111245
※札幌パフェ推進委員会HPより

「シメパフェ」とは、その名の通り、飲んだ後や食事をした後など、一日の最後を締めくくるパフェのことです。シメと言えばラーメン!という方も多くいらっしゃると思いますが、北海道札幌では、冷たくて甘いパフェで一日を締めくくる習慣は、季節に関わらず定番化されているとのこと。夜に食べるパフェは、カフェタイムに食べるのとは一味違うかもしれません!今回のポーチドエッグメンバーの中には、シメジンギスカンをするという強者も(笑)。

③インスタグラムで人気「#Follow me to」
https://www.instagram.com/muradosmann/
2017y10m10d_115226148
「Follow me to=私についてきて」

ロシアのフォトグラファーMuradさんが、モデルの彼女Nataliaさんと始めたInstagramで話題の写真シリーズです。始めたきっかけは偶然で、バルセロナに行った際、あまりにも写真撮影に夢中になっているMuradさんにイライラしたNataliaさんが彼の手を引っ張ったところ、このような写真が撮れたのだそうです。
#Follow me toの写真からは、写真とは思えないほどの世界中の素敵な風景が広がり、彼女と世界中をデートしている気分が味わえます!ちなみに日本では、秋葉原でセーラームーンのコスプレをした姿や、京都の竹林で撮影されています!

④【TDC】バブリーダンスPV 登美丘高校ダンス部 Tomioka Dance Club
https://www.youtube.com/watch?v=Lxr9tvYUHcg
2017y10m10d_121045073
女芸人 平野ノラさんから火が付いたバブリーブーム。80年代の懐かしい衣装と曲に合わせて、キレッキレのダンスを踊っているのは、大阪にある登美丘高校ダンス部の皆さん!!
ただ面白いだけではなく、「第10回日本高校ダンス部選手権(ダンススタジアム)」の全国大会で準優勝を獲得するほどの実力校です。
衣装は、昔おばあちゃんが来ていたものをお借りしたようです。懐かしくもあり、でも今までに観たことがないダンスには、高校生のダンスに対する熱い思いが込められており、ぐんぐん引き込まれます!振付を担当したコーチの方は、登美丘高校の卒業生だそうです。先輩から後輩へ指導がつながっていく姿は、元ダンス部&コーチ経験者として、熱いものを感じました。

⑤バスケットボールリーグ“B-LEAGUE”に参加したハシーム・サビート・マンカ選手
https://b-corsairs.com/news/team_20170927_1.html
2017y10m10d_121227144
※横浜ビー・コルセアーズHPより

日本のバスケットボールリーグ“B-LEAGUE”に参加している“横浜ビー・コルセアーズ”で、超“大型”選手と契約が結ばれました!ハシーム・サビート・マンカ選手は、タンザニア出身で身長はなんと221cm!今期のB-LEAGUEでの活躍に注目です。

⑥学生時代から“予約4,000人待ち”の人気を博したニューヨークのシェフ、ジョナ・レイダーhttp://heapsmag.com/HEAPS-event-with-Jonah-Reider-young-freelance-chef-a-new-dining-experience-from-nyc-to-tokyo
ニューヨークで人気を博しているジョナ・レイダーさん(23)は、フリーランスでシェフをされている、注目の若手シェフです!“レストランではできない食体験を提供したい”という彼が、先日来日しイベントを開催したようです!

⑦クオリティーの高い“企業アイドル”が活躍中!
http://www.saisoncard.co.jp/saison52/
00is_higasiikebukuro52_10out_11※東池袋52公式サイトより

このPVに出演しているのは、全員クレディセゾンの社員の方々です。撮影は、クレディセゾンのおひざ元である池袋。清楚な制服姿で踊る姿は、アイドルさながらです!企業アイドル、新しい!!デビュー曲「わたしセゾン」は、アイドルグループ・乃木坂46や欅坂46を彷彿とさせる、清楚で透き通るような印象でした。ついつい真似したくなるキャッチーな振付にも是非注目してみてください!

⑧自分ことわざじてん
cached※Twitterより

marie(@izakayamarichan)さんが投稿し、Twitterで話題になっている女の子が作成した「自分ことわざじてん」。「てつだいがこうかいにかわる(手伝いが後悔に変わる)」、「こうきゅうけしょうひんいってきずつ(高級化粧品一滴ずつ)」など大人の私たちでも「あるある!」と納得してしまうことわざが収録されています。作者の女の子が描いたかわいらしい挿絵も添えられており、大人たちから共感の嵐だそうです!これからページが増えていくのが楽しみですね!

⑨コルクを開けずにワインが飲める?「CORAVIN」
http://www.wineac.co.jp/coravin.html
2017y10m10d_122509729 ※ワイン・アクセサリーズ・クリエイションHPより

一杯だけワインが飲みたい…色んな種類のワインが飲みたい…
でもコルクを空けてしまうと、空気中の酸素に触れた直後から酸化し始め、果実味が落ちてしまうため、その日のうちに飲みきるか、数日間で飲みきることを考えなければなりません。そんな悩めるワイン愛好家の方にもっとこい!のワインアイテム「CORAVIN」。
こちらは、細いニードル(針)をコルクに差し込むことにより、キャップシール(フォイル)をカットしたり、コルクを抜くことなく、ボトルの中のワインを注ぐことができる特許テクノロジーを使用したアイテムだそうです!2017年4月から日本で正規輸入となったばかりなので、まだ日本では広まっておりませんが、これから多くのレストランや自宅でも見かけることが多くなりそうですね!

今回は以上です!
とても楽しく刺激的な朝でしたので、次回も参加したいと思います!

ありがとうございました!

イメージテキスト

本物そっくり!ナイキシューズのカップケーキ

本物そっくり!ナイキシューズのカップケーキ

カップケーキといえば、ニューヨーク!人気ドラマ「セックスアンドザシティ」で知名度をあげたマグノリアベーカリーをはじめ、いくつものカップケーキ専門店がありますが、最近話題を集めているのが、「EATGOODNYC」というお店 […]

たのしいニュース一覧

人気記事ランキングMonthly

カテゴリー

年別

ページの先頭へ戻る