ロゴイメージPRネタからここだけのヒミツまで!

ビル・グレンジャーが想いを込めたオールディダイニング「bills 銀座」がグローバル雑誌MONOCLEが選ぶ「TRAVEL TOP 50」に選出!

10月1日(土)に銀座二丁目交差点そばの「Okura House」12階にオープンした「bills 銀座」。

日本だけでなく、海外からのお客様も足を運んでいただいており、オープンから2か月が経ちましたが、ご好評をいただいております!そんな「bills 銀座」が、ロンドン発のグローバル雑誌「MONOCLE(モノクル)」が選ぶ”TRAVEL TOP 50”に選出されました!%e5%9b%b31

TRAVEL TOP 50はTRAVEL(旅行)にまつわる世界中の全てのサービスの中で、MONOCLEがその年のベストなソリューションを選出しています。今回、「bills 銀座」は「Sharpest new restaurant space(先鋭的な新しいレストランのスペース)」として選出されています。

「bills 銀座」は、これまでの「bills」の雰囲気とは少し異なり、洗礼された街「銀座」にふさわしいビル・グレンジャーの最新のインスピレーションとエッセンスが注ぎ込まれたオールデイダイニングになっています。ビル・グレンジャー自身が「僕の大好きな街であり、世界の都市においても指折りのエレガントでエクスクルーシブな街」と表現していることからも、メニューはもちろんのこと、コンセプトから店内の空間づくりまで、これまでの「bills」の雰囲気を保ちつつも、銀座ならではの空間に力を入れました。今回はそんな、ビルのこだわりがつまった「bills 銀座」をご紹介♪

タイムレスな空間演出のキーワードは「宝石箱」
1店内へ足を踏み入れると、視界に飛び込んでくるのが、一面ガラス張りの窓から、やわらかな日の光が差し込む開放的なダイニングルーム。

ビルが「bills」×銀座の店舗コンセプト面で導き出した回答は“宝石箱”。サファイア、ゴールド、エメラルドの色とりどりの宝石たちが、日の光やイブニングタイムの照明の明かりに照らされてキラキラときらめく、これまでの「bills」にはないイメージであることはもちろん、銀座出店に“今までに無い期待と感動を抱いています”とコメントした彼の世界屈指の洗練された街 東京・銀座から触発されたインスピレーションとエッセンスが凝縮されています。%ef%bc%92bills銀座にしかいない10メートルの長さを持つ重厚な大理石のバーカウンター。全11席あり、男性だけでのご利用もおすすめ。s__40968220天井の高い開放感あるダイニングルームに対し、個室ではあえて天井を低くし、自分たちだけのくつろげる空間を演出しました。

素材やデザインにイエロー、ブルー、グリーン、ブラウン、オレンジなど多彩な色を使用することでコンセプトである宝石箱を表現。豊かな色彩の中にも統一感とぬくもりを感じさせるのは、銀座という洗練された街に誕生するこの場で、これから生まれていく様々なシチュエーション、プライベートにもビジネスにもタイムレスに応えていきたいという想いが生かされています。

ブランド初のアフタヌーンティーに、銀座限定ディナー。「bills」の新たな魅力が集結
銀座への想いは、これまでの「bills」になかったメニュー・サービスにも現れています。“一人で立ち寄る”“身近な人と時を分かち合う”“大切なゲストをもてなす” 様々な人が訪れ、交差する銀座での食との接点に豊かに応え、時を演出する意欲に満ちたラインアップが揃っています。img_3592%e5%8a%a0%e5%b7%a5
img_3589%e5%8a%a0%e5%b7%a5たとえば朝には、皇居にほど近い銀座でランニングを済ませたあとや朝活を充実させるためには「ブレックファーストサラダ」や、中東料理定番の食材“ヒヨコマメ”や季節の野菜を豊富に使った「チョップドサラダ」、様々な野菜やフルーツを使った 自家製のスムージーといった、健康的&パワーチャージに最適なフレッシュなサラダやドリンクを提案。
bills-pngランチでは、ロブスターストックの旨みとチェリートマトの酸味がきいた味わい深いソースでつくった高級感のある「ロブスターリングイーネ」。ショッピングの一休みには、英国で生まれた伝統的なアフタヌーンティーセットをビルならではのエッセンスを注ぎ込んだ「bills ハイティーセット」。bills2-pngこのbills ハイティーセットは「bills」ブランドでは世界初。ここ銀座で14時~17時の間でしか楽しむことができません。オープンサンド3種、スイーツ6種に加えて、スコーンとビルズの看板メニューであるリコッタパンケーキのミニサイズの計11種類で構成。ビルが住むロンドンで特注したシルバースタンドで提供し、取り皿はイタリアの陶磁器メーカー「リチャード ジノリ(RICHARD GINORI)」を揃えるこだわりを見せています。

そしてディナーには、「bills」のイメージを圧倒的に覆す銀座限定メニュー。長期穀物飼育のオーストラリア産ハイグレードビーフを使い、クラシカルなステーキを銀座の街に合わせ、新鮮な野菜を添えてヘルシーに仕上げた銀座限定「プライムフィレステーキ」。
bills4-png食材の良さを引き出し、家庭料理の延長線にあるシンプルな料理を中心とする「オーストラリアンフード」は今や、世界的なフードトレンドになっています。「オールトラリアンフードを世界に届けた男」「オーストラリアからのマジシャン」と称賛されるビル・グレンジャーのこわだりがつまった料理を堪能していただけます。
bills3-png もちろん銀座の街に欠かせないバータイムへのニーズに応えるべく、アペリティフやバーフード、銀座限定のリモンチェッロ スプリッツァーなど、カクテルも充実。

オールデイダイニングとして、朝昼晩全ての時間帯で最高の時間を提供する「bills 銀座」。メニューや空間だけでなく、訪れる人を通じて銀座の一日の移り変わり、銀座の今がコンパクトに楽しめる場としての仕掛けが施されている。そんな魅力を感じていただける店舗になっています。

クリスマスは勿論、年末年始も1月1日以外は営業していますので、「bills 銀座」に足を運んでいただき、魅力を感じてください♪

イメージテキスト

本物そっくり!ナイキシューズのカップケーキ

本物そっくり!ナイキシューズのカップケーキ

カップケーキといえば、ニューヨーク!人気ドラマ「セックスアンドザシティ」で知名度をあげたマグノリアベーカリーをはじめ、いくつものカップケーキ専門店がありますが、最近話題を集めているのが、「EATGOODNYC」というお店 […]

たのしいニュース一覧

人気記事ランキングMonthly

カテゴリー

年別

ページの先頭へ戻る