ロゴイメージPRネタからここだけのヒミツまで!

サイド教授のPR講座(週刊誌)

「サイド教授」を中心に、様々な人がPRについて語るこちらのコーナー、本日のテーマは、「週刊誌」です。
若い人があまり読んでいるのを見たことがないですが、読んでみるとおもしろいし勉強になる週刊誌。そんな週刊誌の特徴を簡潔に解説します。

週刊誌

弊社には毎週多数の週刊誌が届きます。

新聞に次いで社会的影響力が大きいのは未だに週刊誌でしょう。

週刊文春、週刊新潮、アエラ、女性セブンなど、毎週、定期的に発行されている雑誌のことです。
政治家やタレント、企業のスクープで世の中が大騒ぎすることも多々あります。一般的にグラビアと特集、連載記事で構成され、特集はトレンドを映す鏡と言えます。ここ1年くらいは、「認知症」「年金」「親の財産の始末」「お墓」「手軽なキャンピングカー」などの特集が数多く掲載されています。読者の高齢化も、これらの特集の要因の一つですが、テレビ番組の特集の参考になっているため、週刊誌とテレビは密接な関係となっています。すべての週刊誌を読む時間はないでしょうから、そんな時に週刊誌の特集感覚を身に付ける簡単な方法があります。

その方法とは・・・。

週刊誌の発売日には大概、一般紙(新聞)に広告が掲載されます。この広告に掲載されている雑誌の見出しを読むだけでも、トレンドを身に付けることが出来ます。同様に地下鉄などの中吊り広告も有効です。また、連載コーナーでも、使われるエッセイストや料理研究家など、誰が旬なのかをチェックすることも可能です。いきなりテレビに出演する文化人は稀で、大概は週刊誌の連載からのケースが多いもの。特集も連載も「旬」を知るには週刊誌が有効なのです。

広報より

私はテレビなどで気になる話題があった場合、週刊誌で同じ話題の記事を探します。
週刊誌では、その話題に関し詳細が書かれているので、読むと参考になるので。また、記事の書き方も新聞では事実が先にくる簡潔な文章が目立ちますが、週刊誌ではいかに最後まで読ませるか、と読者の興味をひくような書き方をしている記事が多く、自分が文章を書く際の参考にしています。

特集では、若者向けの就活の特集などもありますし、若い人でも読んでおもしろいと思える内容もあると感じます。

イメージテキスト

野生のシカとおばあさんの奇妙な友情

野生のシカとおばあさんの奇妙な友情

ノルウェーで暮らすメッテさんがある日、自宅の庭を歩き回っていた野生のシカに窓を開けてさくさくのクッキーを差し出すと、手からクッキーを食べたそう。よっぽどメッテさんのクッキーがおいしかったのでしょう、それ以来、餌が少なくな […]

たのしいニュース一覧

人気記事ランキングMonthly

カテゴリー

年別

ページの先頭へ戻る